NEWS INFO新着情報

足場業界の熱中症対策➀


 

まだまだ猛暑が続く今日この頃ですが、皆様の職場では熱中症対策は万全でしょうか?

例年、熱中症による労働災害は後を絶たず、最悪の場合には被災者が死亡している例もあります。

特に、足場業界を含む建設業界では、炎天下での屋外作業が多いことや、

足場資材が熱を持ちやすく、照り返しも発生させることから、特に注意が必要になります。

そこで、熱中症による労働災害を少しでも減らすために、正しい知識を持って対策を行っていきましょう。

 

 

1.熱中症とは

熱中症対策を考える前に、まずは熱中症とは何かを学びましょう。

熱中症とは暑い環境で生じる健康障害の総称で、

「熱失神」「熱疲労」「熱けいれん」「熱射病」の4つに分類されます。

 

熱失神

皮膚血管の拡張による血圧低下により、脳への血流が悪くなることによって起こります。

 

熱疲労

大量の汗をかくことによる脱水症状によって起こります。

 

熱けいれん

大量に汗をかくことによる塩分不足によってい起こります。

 

熱射病

体温の上昇を直接の原因として起こります。

 

また、熱中症はその症状の重症度によっても分類されます。

 

:現場での応急処置で対応可能な軽傷

例:立ちくらみ・筋肉痛・大量の発汗など


:病院への搬送を必要とする中症

例:頭痛・吐き気・王都・倦怠感・虚脱感など


:入院して集中治療の必要のある重症

例:意識障害・けいれん・運動障害・高体温など

 

上記のように、ひとえに熱中症と言っても

その原因や症状によって適切な対応策は様々です。

正しい知識を持って適切な対策を行うようにしましょう。

 

 

2.熱中症対策例

適切に水分・塩分補給を行う

暑い日には多くの汗をかくものです。

知らず知らずのうちに大量の発汗により、

水分不足や塩分不足をひきおこしてしまう危険性が有ります。

では、どのように水分・塩分補給を行えばよいでしょうか。

まず、摂取タイミングは喉が渇いてから水分補給を行うのはNGです!

喉が渇くのは水分が不足しているというサインですので、

すでに摂取タイミングとしては遅いことになります。

適切な水分・塩分補給は自覚症状の有無に関わらず、作業の前後や

作業中に定期的にこまめに摂取し、常に不足しない状態を維持し続ける必要があります。

水分の摂取にはスポーツドリンクが望ましいです。

逆に、コーヒーやお茶、アルコールや水で行うのは好ましくありません。

コーヒーや緑茶といったカフェインを含む飲み物やアルコール類は

利尿作用がある為、体内の水分を奪ってしまう可能性が有ります。

また塩分を摂らずに水だけを摂取すると血中塩分濃度が下がってしまう可能性もあります。

ただし、スポーツドリンクは多くの糖分を含むため、

気になる場合にはミネラル成分を多く含む麦茶などを摂取するようにすると良いでしょう。

塩分の摂取にはスポーツドリンクで水分と併せて摂取する他に、塩飴などによる摂取も有効です。

熱中症による労働災害を減らすためには、水分・塩分補給用に

スポーツドリンクを用意する、定期的に水分・塩分補給を行うことを

管理者によって指導徹底していくなど、積極的に熱中症対策の環境を作る必要があります。

三重県の足場・機械移設・解体・鉄骨工事は有限会社橋本組にお任せ下さい。


会社名:有限会社橋本組

住所:〒510-8104 三重県三重郡朝日町大字埋縄1490

TEL:059-377-2313
FAX : 059-327-6835

営業時間:8:00~17:00 定休日:日曜日

業務内容:機械据付・重量物運搬・水処理工事・プラント工事・配管工事・設備解体工事・鳶工事一式・鍛冶工事

page top