NEWS INFO新着情報

フォークリフトとは? 運転に必要な資格


 

大型の倉庫などでは、人の手が届かない高所にまで商品を保管することが多いため、

フォークリフトを利用して商品の出し入れなどを行うことがほとんどです。

しかし、フォークリフトを運転するには免許が必要です。

ここでは、そんなフォークリフトの基本的な情報をご紹介します。

 

 

フォークリフトの特徴

まずはフォークリフトの基本的な性能や稼働の仕組みなどについて解説します。

 

 

フォークリフトとは?

倉庫などで見かけないことはないフォークリフトは、油圧を利用して昇降・傾斜ができる荷役自動車です。

フォーク(貨物を運ぶためのつめ)を車体前面に備えていることが大きな特徴であることから

「フォークリフト」という名称がつけられました。

 

 

フォークリフトの特徴

フォークリフトの主な動きは、車体前方のフォークを貨物の下部やパレットに差し込んで持ち上げることによる運搬です。

比較的重い荷物を持ち上げた状態でも走行が可能なため、

大量の重い荷物を移動させる際などに大幅な作業時間の短縮が見込めます。

また、マスト(支柱)を伸ばすとフォークが上昇するため、

車体の高さよりも高い場所に貨物を移動することも可能です。

一方で、フォークリフトはその構造上、荷役積載時は前面に貨物があり、視界が確保できません。

そのため、後退走行を行わなければならないという特徴もあります。

運転に慣れてしまえば問題はないものの、初心者の中にはこの操作を難しいと感じる方も少なくありません。

また、事業所によっては「前進禁止」の規則が定められている場合もあります。

フォークリフトは基本的にパレットに差し込めるタイプのフォークを装着していますが、

一方で、その他にもさまざまなアタッチメントが装着可能であるという特徴もあります。

そのため、装着するアタッチメントを変えれば、より幅広い貨物の運搬や作業に対応が可能です。

 

 

フォークリフトの運転に必要な資格

フォークリフトの運転のためには、所定の資格が必要です。それらの資格の内容と、取得方法をご紹介します。

 

 

「フォークリフト運転技能講習」修了証

フォークリフトを運転するためには、所定の講習を受けて

「フォークリフト運転技能講習」という修了証を取得する必要があります。

また、修了証取得のために受講する必要がある講習は、フォークリフトの最大積載荷重量によって異なります。

最大積載荷重が 1t以上のフォークリフトの場合はフォークリフト運転技能講習、

最大積載荷重1t未満のフォークリフトを運転する場合はフォークリフト運転技能講習、

もしくはフォークリフト運転特別教育の受講がそれぞれ必要となります。

 

 

特殊自動車免許

一方でフォークリフトの運転資格があっても、

特殊自動車免許がなければ公道を走行することはできないため、

勤務先の敷地外へフォークリフトに乗って移動することは、

フォークリフトの運転資格を持っているだけでは違法となってしまうことがあります。

特殊自動車免許は、運転可能な車体の大きさや最高速度によって「大型特殊自動車免許」、

「小型特殊自動車免許」の2種類に分かれており、

運転するフォークリフトの特徴にあった方を取得するようにしましょう。

特殊自動車免許はどちらの種類でも、

一般的な自動車免許と同様に教習所か運転免許試験場で取得することが可能です。

特に小型特殊自動車免許の場合は、原付免許と同様に簡単に取得できるともいわれていますが、

試験では90%以上の合格率が要求されるため、十分に試験対策を行わなければなりません。

 

 

フォークリフトの運転資格の必要性

重い荷物や量の多い荷物の移動・保管などで利用されることが多いフォークリフトについて解説してきました。

倉庫などへ行くと多くの作業員が運転を行っているフォークリフトは、

操作が簡単で、運転をするための資格も取得しやすいと考えがちです。

しかし、講習の受講だけでなく、

高い正解率が要求される試験にも合格する必要があり、決して簡単に取得はできません。

倉庫などへの勤務を考えている方は、フォークリフトの運転資格の取得も考えてみるとよいでしょう。

三重県の足場・機械移設・解体・鉄骨工事は有限会社橋本組にお任せ下さい。


会社名:有限会社橋本組

住所:〒510-8104 三重県三重郡朝日町大字埋縄1490

TEL:059-377-2313
FAX : 059-327-6835

営業時間:8:00~17:00 定休日:日曜日

業務内容:機械据付・重量物運搬・水処理工事・プラント工事・配管工事・設備解体工事・鳶工事一式・鍛冶工事

page top