大型機械の輸送で活躍するユニック車とはどういう車を言うの?その特徴や種類

大型機械の輸送で活躍するユニック車とはどういう車を言うの?その特徴や種類

ユニック車とは、クレーンを装備したトラックの通称です。重量物を簡単に持ち上げたり下ろしたりすることができるため、建設現場で重宝されています。こちらでは、そんなユニック車について紹介します。岐阜でユニック車を所有している業者をお探しなら、橋本組にご依頼ください。

大型機械の輸送で活躍する「ユニック車」とは?

大型機械の輸送で活躍する「ユニック車」とは?

大型機械を輸送する時や重たいものを輸送する時に活躍するのが、「ユニック車」と呼ばれるものです。ユニック車とは、正しくは古河ユニック株式会社が生産している車両積載系のトラックを指します。

古河ユニック株式会社が生産している車両積載系のトラックは全国シェア50%以上を占めていることから、メーカー関係なくクレーン付きトラックはユニック車と呼ばれるようになりました。ユニック車の操作にはコツがいるのですが、橋本組には経験豊富なスタッフが在籍していますので、安心してお任せください。

ユニック車の特徴や種類について

ユニック車の特徴や種類について

ユニック車の特徴として下記のようなものがあります。

  • 車体のバランスをとるためアウトリガーがある
  • ブームの段数は4段階が主流
  • クレーンの荷重は2.63~2.93が主流

一般的なユニック車の特徴は上記の通りですが、その種類は大きく分けて3つあります。

  • クレーン付き

    ユニック車の中で最も多いのが、このタイプです。キャブと荷台の間にクレーンが設置されており、用途の幅も広がります。

  • 簡易クレーン

    荷台の上にクレーンが付いているタイプで、小型であるため狭い場所の工事などに向いています。

  • ハイジャッキ

    ハイアウトリガーが付いており、車体が斜めになるのが特徴です。

橋本組で所有しているものは、8tユニック車です。5段ブームのため、高所の作業もなんなくスムーズに行えます。また、6tまで積載可能ですので、足場材や機械の運搬、鉄骨鋼材の運搬まで幅広く対応できます。

大型機械の据付を依頼しようとお考えの方は、三重にある橋本組にお任せください。大型機械・精密機械・重量物の据付・移設・新設の搬入・工事を行っています。8tユニック車以外にもフォークリフト、3tWピック超ロングなど様々な車両を所有し、三重・愛知・岐阜の東海3県を中心にお客様のニーズに合った車両を迅速に手配いたします。

安全第一に工事を行いますので、岐阜で大型機械の搬入・据付・解体などを業者に依頼しようとお考えの方は、橋本組にお任せください。費用に関するご相談にも対応いたします。

三重・愛知・岐阜の東海3県を中心に大型機械の据付・移設などを行う橋本組

会社名 有限会社橋本組
住所 〒510-8104 三重県三重郡朝日町大字埋縄1490
TEL 059-377-2313
FAX 059-327-6835
営業時間 8:00~17:00
定休日 日曜日
URL https://hashimotogumi84.com/